macoblog

「ゲーム × プログラミング」で生きていく

アプリ検索ツール(β版)を公開

WEB制作会社での仕事はコーディングだけではない事実【経験談】

THOUGHT

WEB制作会社って何をすれば仕事になるの?実際のところの話を聞きたい!こんなニーズに答えます。

そんな実際の仕事について、経験談をもとに紹介しています。

今から会社に応募しようと考えている方、転職を考えている方は参考にどうぞ。

業界に飛び込む前に事前に知っておきたいことってあると思います、実は地味な作業もたくさんあったりするんですよね。

WEB系ではHTML/CSS/javascript/phpと携わる言語はたくさんありますが、コードを触ることだけが仕事ではありません。

そんな実務について今回は3つほど紹介させていただこうかなと、以下になります。

  • 他サイトの収集
  • マニュアル作成
  • 電話応対とお客様案内

え?ってなりますよね、わかります。

コーディングだけが仕事じゃない:経験談

コーディングだけが仕事じゃない:経験談

繰り返しますがWEB制作会社での仕事はコーディングだけではありません。

知ろうとしないだけで たくさんあるんです。

他サイトの収集

「他サイト収集」、つまりは参考となるサイトを集めるということですね。

地道に集めておけばサイトの傾向がわかってきます、知らないジャンルのサイト制作を受けた時などに非常に便利です。

やることはいたってシンプルでジャンルとリンクを登録するだけ、必要であれば全体のスクショも撮ったりしますね。

目的はわかった、誰がやるの?

全員ですね、手が空いている人がやる感じですね。

スクショのトリミングとかだるいので私はなるべくやら・・・。

マニュアル作成

何のマニュアルか、ですよね。

それはサイトのCMSマニュアルです。

WordPressを使ってCMS構築するという事はご存知だと思いますが、これって作って終わりじゃないんですよね。

納品する際にはマニュアルが必要です。

作り手は知ってて当たり前です、

しかし、クライアントは右も左もわかりません、マニュアルなしでは怒られます。笑

マニュアルが必要なのはわかった、何で作るの?

データとして渡せるものであれば何でもいいです。

ちなみに、私はパワーポイントで作成しています。

カスタムフィールドの入力項目や反映される位置、必須項目や注意書きなど画像を交えて説明する感じですね。

ですので、office関係の知識があるとWEBに限らずITの世界では役に立ちます。

電話応対とお客様案内

これはそのままの意味です、電話が鳴れば取りますし、お客様が来社すれば案内します。

どちらかといえば電話応対が多いですね。

大きい会社であれば事務の方が取って回してくれるんですが、小さい会社ですと自分で取らなきゃいけません。

かかってくる内容はサイト制作に関することがほとんどで、修正内容などの連絡も珍しくありません。

電話を取る時間がもったいないので私はなるべく電話を取らな・・・。

コーディングはバリバリだけど人と会話するのが苦手って人はある程度覚悟しておきましょう。

こんな感じでプログラミングとは関係ないところも仕事としてあるので、いざ実務に入ってみるとギャップを感じる人も少なくありません。

終わりに

WEB制作会社で働こうと思った時に、コーディングだけすればOKということではない事がわかりました。

プログラミング以外のスキルも役に立ちます、異職から転職し活躍している方が多い理由も納得です。

今まさにプログラミング勉強している方は、違う視点からも勉強できるようにしましょう。

以上になります。

Twitterでも情報や経過を発信していますのでフォローよろしくお願いします。

不明点やアドバイスなどありましたら、コメントかTwitterからお願いします。