macoblog

「ゲーム × プログラミング」で生きていく

iPad Proで充電とイヤホンを同時利用するならこれ!【7in1購入レビュー】

ガジェット

WEBトマトWEBトマト

新型のiPad Proって性能も良くてカッコいいけど、充電しながらイヤホンを使って音楽を聴く、いわゆる同時利用ができない仕様が地味に辛い。公式で販売しているType-Cのハブは馬鹿みたいに高いし、どうしたものか。汗

この記事ではiPad Pro利用者向けに、重たい処理や負荷のかかる環境(ゲームアプリ・画面出力など)、充電しながら〇〇をしたいといった時にオススメな神ガジェットを紹介しています、公式で販売している純正のハブが高いと感じた方は必読です!

目次【本記事の内容】 [ click ]

iPad Proで充電+イヤホンの同時利用ができる神ガジェット

価格帯 3,380円~
コメント Type-C接続の7in1ハブ、iPad Pro2018/2020年専用デザイン
評価 4.8

対応インターフェース / 7種類

  • HDMI
  • USB 3.0
  • SD / Micro SDカード
  • PD3.0充電ポート
  • 3.5mm ヘッドホンジャック
  • Type-C (data)
  • Type-C (充電)
WEBトマトWEBトマト

今回ご紹介するのは上記商品、スリムで高性能の新型iPad Proなら必須級の神ガジェット。ケーブルタイプの2in1ハブを買うなら絶対にこっちを検討してみてください、絶対に後悔させません!!

①:開封の儀

iPad Proで充電+イヤホンの同時利用ができる神ガジェット①:開封の儀「Amazonで購入」

Amazonで注文したらレターサイズの梱包袋でポストに投函されていました、開封してみるとコンパクトな箱がちょこんと、この時点でかなりスリムだったので良いイメージしかなかったですね。

iPad Proで充電+イヤホンの同時利用ができる神ガジェット①:開封の儀「箱を開けてみた」

箱を開けるとこんな感じ、本体がズッポリ収納されてて、残り2つの小さい部品はiPadProに取り付ける際に使用します。※本体には既に固定用の部品が2つ装着されているので、装着する際のフィット感に合わせて使い分けます(浅めか深めか)

iPad Proで充電+イヤホンの同時利用ができる神ガジェット①:開封の儀「商品の見た目とデザイン」

本体を取り出してみるとこんな感じ、色やデザインも新型のiPad Proに合ってて(メタリック系)非常にカッコいいですね。写真の撮り方が下手なので少し暗く見えますが、現物は気持ち青みがかかったシルバーって感じ(ダークグレイではない)

②:実際に装着してみた

iPad Proで充電+イヤホンの同時利用ができる神ガジェット②:実際に装着してみた

実際に装着してみると想像の100倍良い、これはまじで感動。iPad Proに装着するとハブの真ん中にあるLEDランプが点灯するのでそれで接続した事を確認できます。

WEBトマトWEBトマト

イヤホンマイク(音声機能)は使えるのかという点が一番気になっていましたが、問題なく機能したので一安心。メーカーによっては音声入力ができないタイプもあったので(^_^;)、、、これで充電しながらボイチャしてゲームで遊べる!

iPad Proで充電+イヤホンの同時利用ができる神ガジェット②:実際に装着してみた「薄さについて」

薄さについてはiPad Pro本体よりやや厚いぐらい(1cm)。インターフェースを考慮するとこれが物理的に最薄なんだと思われる、十分すぎるほど薄いので個人的にはこれで大満足です、軽いので持ち運ぶ時もスマートで手軽ですね。

③:注意点について

実際に使ってみて分かったこと、注意点についてまとめてみました。

保護フィルムと相性が悪い

iPad Proの液晶部分に保護フィルムを貼っていると、ハブ側の固定パーツが引っかかって上手くフィットしません。ガラス製の保護フィルムだと相当キツいかと思います。固定パーツを外すことで対応できますが、固定パーツがないと隙間があって不安に感じるかも。汗

iPad Proで充電+イヤホンの同時利用ができる神ガジェット③:注意点について「保護フィルムと相性が悪い」

イヤホンジャックについて

イヤホンジャックの方はボタンコントロールによる音声調整が効かないので注意、Type-Cでイヤホンを接続すればそっちは有効でしたので、イヤホン側のボタンで音量調整したいって方はType-Cに接続して利用しましょう。

MacBookProでも使える汎用性の高さも魅力

iPad Proで充電+イヤホンの同時利用ができる神ガジェットはMacBookProでも使える汎用性の高さも魅力

MacBookProのハブとしても利用できるので汎用性が非常に高い、今まではHDMIの変換ケーブル、USB3.0の変換ハブなどそれぞれ個別で用意していたので、無駄にお金を使わなくていいのは未来が明るい。

これ一台持っておけば大体のインターフェースをカバーできるってのは非常に魅力、この先変換系のガジェットを買わなくてすみそうです。デザインもスタイリッシュな感じで洗練されているのでApple好きの人には持っていこのガジェットなのかなと思います。

WEBトマトWEBトマト

当初はiPad Pro専用ハブとして購入したわけですが、そういえば私MacBookProも持ってました。笑、、、持ち運びが楽なので外で作業する時はポーチに入れて持ち歩きたいと思います、興味がある方は是非購入してみてください!

人気記事【結論】iPad Proにケースは必要なし!最強の使い方を紹介

人気記事【Anker】極薄!高性能モバイルバッテリー「PowerCore Slim 5000」レビュー