macoblog

「ゲーム × プログラミング」で生きていく

未経験プログラマー(知識なし)で成功するには?【経験談から解説】

ゲーム

WEBトマトWEBトマト

どうも、トマトです。プログラミングでご飯を食べている私も、未経験からこの業界に飛び込んだ口で、最初は知識ゼロのド素人だったんですね、自分で言うのも何ですが割と成功したなと。笑

私の一番の成功体験は、派遣バイト(知識なし)からエンジニアになれたこと、今思えばよくここまでこれたなって感じはあります、そんな経験から今回は色々書きたいと思う、そんでもって情報を共有します。

未経験からプログラマーを目指している方は勉強優先で、休憩時間など空いた時間を使って読んでみて下さい、参考になると思います。

この記事で書いていること[ click ]

未経験(知識なし)でもプログラマーになれる?

未経験(知識なし)でもプログラマーになれる?

プログラマーを目指す人にありがちな質問ってか疑問の大半は「未経験(知識なし)でもプログラマーになれますか?」だと感じていて、この手の質問はTwitterでよくDMで来るんですが、これに対する回答は常に「大丈夫です」なんですね、はい解決。

実際に「未経験歓迎」の求人はよく見かけますし(田舎を除く)、高卒かつ専門学校も出ていない私がその類の求人からここまで来れた事実から分かるようように、未経験でもプログラマーになれるのが今の世の中です(エンジニアの人手が不足している)

未経験でプログラマーになれる背景

未経験でプログラマーになれる背景にはやっぱり人手不足が影響していて、どこの現場も人がいなくて困っています、人がいないというよりかは需要に追い付いていない感じ、フリーランスですら引っ張りだこ。

人がいないなら育てるしかない、国も後押しする形でIT人材育成に助成金を出しているので、これを上手く使えばコストを抑えつつ単価の高いエンジニア人材をガッポリ獲得できる、研修ありの未経験求人は大体これに当てはまる。

全くの知識なしは厳しい

エンジニアの人で不足、人材を育成して数を集めたい企業の思惑、人材育成への助成金、これだけ見れば知識なしでも採用してくれる期待値は高まりそうですが、残念、全くの知識がないってのはダメなんですね。

助成金が出ると言っても育成期間中は赤字です(採用担当者から聞いた)、現場に出す前に挫折したり気が変わって辞められると会社は大損です、それを回避したいと思うのは普通の考えで、採用する際に知識や適性をある程度測られるので全く知識なしってのは無理がある。

可能な範囲での自己努力は必要

そもそも求人にある未経験の扱い方や意味は「知識はあるけど現場経験がない人」を指します、スクールや専門校を出た人がこれに当てはまるわけですがご安心を、独学もOKです、私もそっち側の人間です。

お金を払ってプログラミングスクールに通い、卒業のタイミングでどこかのIT企業に入社するのが一番簡単ですが、熱意を持って取り組めるならお金をかけずに独学だけで成り上がる事は可能です、そういうやる気のある人材を企業は求めています(簡単に辞めない人材が欲しい)

知識ゼロで入社できるIT企業はブラック説

知識ゼロで入社できるIT企業はブラック説

「知識ゼロはさすがに無理がある」という話をしましたが、実は知識が一切ない言わばド素人でも採用してくれる企業は少なからず存在します、過去に私も求人に応募しまくってあっさり採用された経験があります(最終的に自分から断った)

※私の場合何で断ったかというと、今まで数多くの求人にアタックして落とされた経験から、明らかに簡単すぎる採用でシンプルに「ヤバイ」と感じたからです。一番最初に受けていたなら入社していたかも。笑

最終的に入社した会社で仲良くなった採用担当者にその話をしたら、存在は知っていて評判は悪いみたいで(すいません、会社名は伏せます)、「そこを辞めた人がうちの会社に応募きてる」とも聞きました、なので、知識ゼロで入社できるIT企業はブラック説は割と有効です、目指す人にとっては残念な話ですが。

WEBトマトWEBトマト

スキルは見に付けて然るべし、ネットに落ちている情報だけでプログラミングを学べるご時世なんだから、最初は知識がないとしても自分で学んでいく努力や姿勢は必要です。

余談:研修に付いていけない

「独学で何とか採用してもらえたけど、やっていけるか不安、研修に付いていけるかどうか」という不安の声もあるとは思いますが、そこは頑張れよとしか言えないです、その時点で躓くなら適正なしというだけの話。

WEBトマトWEBトマト

私も未経験の育成枠で入社して、研修中は試用期間として段階的に課題を出され取り組みました、中には自分には難しいものもありましたが、そこは現場待機中の先輩に質問しまくるなどして乗り切りましたよ、やる気の問題なんですわ。

スキルは学べば手に入る、一番大事なのは行動力

スキルは学べば手に入る、一番大事なのは行動力

まとめると、例え知識が無くても独学でしっかり学べば未経験枠でプログラマーになれる、そこで躓く人はそもそも適正なし、手厳しくて申し訳ない、下手に希望を持たせたなくないので。

スキルは学べば手に入ります、進め方やググり方など上手い下手に個人差はあると思いますが、一番大事なのは行動力だと思っていて、これだけあれば何でも出来るんじゃないかな。

私が成功できた理由は簡単です

私がただの派遣からWEBエンジニアになれたのは行動したから、周りから何を言われても勉強を辞めなかったし(レベルは関係ない)、面接で何度落とされてもアタックし続けたから成功したと思っています。

一番ダメなのは行動する前から自分で自分をモノサシで測って、自分には無理だとやりもせず諦めること、もしくは先延ばしにすること。私が好きな漫画「カイジ」でこんな名言があります。

「明日からがんばろう」という発想からは、どんな芽も吹きはしない。そのことに20歳を超えてまだわからんのか!?

明日からがんばるんじゃない、今日…今日だけがんばるんだっ。

今日がんばった者、今日がんばり始めた者にのみ、明日が来るんだよ。

未経験からプログラマーを目指す若者に突き刺さる真の言葉、「時間が出来たらプログラミング勉強しよう」「また今度でも求人を探してみよう」なんて言っている場合じゃない、今から勉強して今すぐ求人を探せ!

成し遂げたいなら行動しろ、独学だろうとスクールだろうと思ったのならやればいい、今日の自分は昨日の自分と違うと思えるくらい行動しよう、それだけあれば未経験やスキルなんて壁は半年もあれば吹き飛ぶ。

成功したいなら行動せよ、すると気付く、未経験だからとか知識がないからとか考える必要性がそもそもない事に、プログラミングを学んで求人にアタックする、たったこれだけでキッカケは掴める、それをどう使うかはあなた次第だ。

最後に、もう一つ「カイジ」から名言を置いてこの記事を締めたいと思います。

話にならん!もう少し待ってくれ?

お前らは生まれてから何度その台詞を吐いた?

世間はおまえらの母親ではない!
おまえらクズの決心をいつまでも待ってはくれない!

一生迷ってろ! そして失い続けるんだ...

貴重な機会(チャンス)を!

今あなたがすべきことは動くこと、取り組むこと、恐れるな挑め。