macoblog

「ゲーム × プログラミング」で生きていく

【DbDモバイル】キラー上達5ヶ条を徹底解説【上手くなりたい人向け】

ゲーム

WEBトマトWEBトマト

どうも、とまとです。今回は「デットバイデイライト」でキラー上達のポイントについて解説したいと思います、私も初見プレイした時はかなりググりました、そこで得た知識を皆さんに共有したいと思います。

目次【本記事の内容】 [ click ]

DbDモバイル:キラー上達5ヶ条!初心者も必ず上手くなれる【重要】

①:初動は離れの発電機から索敵

「Dead by Daylight(デッドバイデイライト)」キラーの立ち回り①:初動は離れの発電機から索敵

最初は離れの発電機から索敵してみよう、いきなり近くの発電機にサバイバーがいた!なんて事は基本的にない、サバイバーはキラーから離れた位置にスポーンする事を考えれば、初動の時点で遠くの発電機から索敵するのが効率が良い。

一直線に向かうか、グルっと周るように遠回りして向かうのかは色々な意見があるが、基本的に後者がオススメだとされています、もちろんヒルビリーなどチェーンソーを使って高速移動できるなら話は別ですけどね。

②:守る発電機は3つに絞る

「Dead by Daylight(デッドバイデイライト)」キラーの立ち回り②:守る発電機は3つに絞る

マップ内に発電機は7つあり、そのうち5つ修理されると脱出ゲートが開いてしまうのでそれを阻止しなければならないわけですが、全ての発電機を死守するのは難しいので、警戒する発電機は3つに絞って偏らせるのがベスト。

距離が近く巡回しやすい発電機3つをゲーム開始時点でピックアップしておこう、それ以外の発電機は最悪修理されても構わないというスタイルがベター、発電機は5つ修理しないと脱出できないのだから、3つを死守できればキラーの勝利なのである。

③:発電機遅延は欠かさず行う

「Dead by Daylight(デッドバイデイライト)」キラーの立ち回り③:発電機遅延は欠かさず行う

サバイバーを処刑する事に執着しすぎると、発電機の防衛がおろそかになりがち、修理が進んでいる発電機は積極的に壊して遅延させておこう。処刑する事しか頭にないキラーはサバイバーからすればネギを背負ったカモという事を理解しておこう。

先ほど解説した「②:守る発電機は3つに絞る」を意識して立ち回ると、巡回効率が高いので修理されてもすぐに遅延を入れることができ、サバイバー側が攻めにくい戦況を作る事ができる。ここを理解した上でどうサバイバーを吊るしていくかがキラーの腕の見せ所なのだ。

④:チェイスは見切りが大事

「Dead by Daylight(デッドバイデイライト)」キラーの立ち回り④:チェイスは見切りが大事

サバイバーを追いかけてチェイスするのは結構だが、吊るすまでにどれくらい時間がかかるか逆算して時間対効果を考える事も大事、一人のサバイバーを吊るすまでに発電機が何個も修理されてはいけない、下手くそなキラーのほとんどがこの過ちを犯している。

チェイスが長引きがちな小屋や強ポジに逃げ込まれた時は、一旦冷静になって追いかけるべきか考えてみよう、中途半端に追いかけると「吊るさないと今までの時間が無駄になる」という執着心が生まれ、延々と追いかけているうちに発電機の修理が完了し脱出ゲートが開いてサヨウナラと、チェイスの見切りは早い段階で、覚えておきましょう。

⑤:索敵はざっくり慎重に

「Dead by Daylight(デッドバイデイライト)」キラーの立ち回り⑤:索敵はざっくり慎重に

神経質な人は注意してほしい、索敵はざっくり慎重に行うのがオススメです(もちろん時と場合による)。どういう事かというと、発電機の周辺をざっくり見渡して、いなさそうだったら離れながら再度索敵する、この時後ろを向きながら離れると思わぬ反応があったりする。

結局何が言いたいかというと、根拠なしにそこに敵がいるかもと決め付けて同じところをグルグルするのは時間の無駄だということです、とはいえあっさり見切るのもダメ、ここらへんの判断が苦手な人は「囁き」というパークを付けて探知能力を上げておくといいです(私は付ける!笑)

DbDモバイル:よくある質問【キラー編】

トンネル行為は嫌がられる?

質問 トンネル行為は嫌がられる?
回答 サバイバー側からすれば嫌かもしれません、しかしそれはそっちの都合であり、キラーからすれば戦略の一つで、処刑できる人から攻めていくのは当然の思考であり文句を言われる筋合いはありません。私もトンネルは結構な頻度でしますよ。

キャンプ行為はダメ?

質問 キャンプ行為は禁じ手ですか?
回答 キャンプもトンネルと同じキラーの戦略の一つなので文句を言われる筋合いはありません、早く処刑して3人にしたいキラーもいるでしょうし、発電機を回されるリスクも背負っているわけですから。そもそも、キャンプの線引きが難しくサバイバーがキャンプと感じればそうなってしまいます、あまり深く考えない方がいいかと。※ただしフェイスキャンプは基本的に非効率です(公式見解:下記参考)

「Dead by Daylight(デッドバイデイライト)」【フェイスキャンプは基本的に非効率です(公式見解)】

初心者にオススメのキラーは?

質問 初心者にオススメのキラーは?
回答 透明化で敵に気付かれず接近できる「レイス」、索敵が簡単で妨害機能も優秀な「ドクター」がオススメです。立ち回りが得意ならトラバサミを使った追い込みが優秀な「トラッパー」がいいかと思います。

DbDモバイル:筆者のキラー成長ログ

WEBトマトWEBトマト

筆者とまとがDbDモバイルをプレイした歴史、私はこんな感じで上達していきました。分かりやすいように節目ごとに残しておきます、初心者の人の参考になればいいな。

①:初めてのデッドバイデイライト

初めてのDbD、まずは殺人鬼から使ってみる、バーチャルパッド操作に苦戦するも、初期キラー「トラッパー」Dead by Daylight / キラー:トラッパー で一人か二人を処刑して奮闘、と同時に全処刑の難しさを知る。後から知ったことだが、初見の動きをバカにされサバイバー達に煽られていたようだ(全員脱出時)

②:固有能力を練習してみる

初期キラー「トラッパー」Dead by Daylight / キラー:トラッパー の固有能力トラバサミ(罠)を使って、それっぽい立ち回りを試みる、罠を集めて仕掛けている間に発電機が回され、明らかに処刑率が落ちたことに頭を抱える。調べてみるとこのキラーはスロースターターで、前半で罠を集めてセッティングしてからの後半が勝負らしい、確かに上手い人は後半からの全処刑が目立つ。

③:立ち回りの基本を学ぶ

上手い人の動画を見ていると立ち回りに共通点ある、「発電機」は固めて守るという事。そもそも発電機は全部で7つあり全て守るのは不可能、5つ修理で脱出ゲートが開くなら、守るべき発電機は最初から3つに絞って、そこを中心に立ち回ると索敵も楽になるしキラーの流れに持っていきやすい。確かに自分はサバイバーを処刑する事しか考えていなかった、気付けば発電機の位置がバラバラで後半になると防衛が大変だったな。

④:パークの恩恵を噛みしめる

DbDモバイルではキラーのレベルを上げる事でパーク(能力)を入手する事ができる。遊んでいくうちにパークの種類が増え、レベル10到達で4つ装備できるようになる。「囁き」を付けて索敵効率を上げたり、「無慈悲」を付けて攻撃に失敗した時のディレイを短縮したり、上手くパークを組合わせる事で立ち回りが格段に楽になる事を知った。

⑤:キャラコンの重要性

上手くなるにはどうすればいいか、そのヒントを探るべくググったり動画を見たりしていると、一つの答えに辿り着いた、それは「キャラコン」だ。キャラコンとはキャラクターコントロールの略で、「キャラコンが上手い = キャラを操作するのが上手い」という事、このキャラコンの精度を高める事が上達する為のポイントであると、ゲームの基本的な部分なので忘れがちだが、知識として頭に入っているのに実際にプレイで活かせないというのは単にキャラコンが下手なだけなのだ。そして、キャラコン上達はプレイ時間を積み重ねるしかない、と。

⑥:操作に慣れてきたので再び固有能力を意識する

操作にも慣れてきたので再び固有能力を意識し始める、自分と同じランク帯ならある程度処刑できるようになったが、強い人とあたるとボコボコにやられる自信がある。なぜなら固有能力を活かした立ち回りではなくただの徒歩キラーになりがちだから、これはいかんと、トラッパーなら罠を仕掛けるコツ、ヒルビリーならチェーンソーを使った立ち回り方、キラーの持ち味を活かさないとダメだ!

⑦:自分に合ったキラーを探す

固有能力を活かした立ち回りを意識しているとふと思った、このキラー自分に向いていないかも、と。他のキラーを使えば何かヒントが得られるのではないかと、イリデスントシャード(虹色の破片)で「ハントレス」Dead by Daylight / キラー:ハントレス というキラーを購入し使ってみた、足が遅い代わりに手斧を投げて遠距離攻撃ができるキラーだ。ネットでは操作難易度が高いキラーという書いてあったが、元々CODなどFPS系のゲームが好きな自分には相性が良い気がした。

⑧:ハントレスを使った結果

ハントレスのデビュー戦、手斧をスナイパーのように駆使すれば上手く立ち回れるはず、CODモバイルで磨いた腕前をここで発揮してやる!と意気込んだわけだが、結果は惨敗、一度吊るした程度であっさり全員脱出を決められてしまった。今までで一番上手いパーティーに当たってしまったという間の悪さもあったが、正直言って自分の立ち回りはゴミだったし、手斧が当たらない当たらない、足が遅いキラーだから逃げられる逃げられる。脱出ゲート前で4人全員から煽られたのは屈辱だった。

⑨:ハントレスで徹底的に練習

ハントレスは他キラーと比べて独特な立ち回りが求められる事を知った、ただ手斧を投げればいいわけではないようだ。汗、、、①手斧→攻撃の流れでダウンさせるのが理想、②手斧を当てやすいパターンに持ち込むこと、③手斧1消費での補充は無駄、④手斧を使ったフェイク、などなど。当然のことながら手斧を当てるエイム力は鍛えないといけない。

つづく、、、(追記更新を待て!)

WEBトマトWEBトマト

正直言ってキラーが楽しすぎる、ハントレスを極めて狩猟民族になりたいとさえ思う。他のキラーだとマイケルも気になる、ビジュアルとSEが自分好みなのよね。ってか後発で参入してここまで面白いゲームがあるとは!