macoblog

「ゲーム × プログラミング」で生きていく

アプリ検索ツール(β版)を公開

「出来るHTMLコーダーになれる」コーディング上達法は一つだけ

THOUGHT

コーディング力を付けたいマン

コーディング力を付けたいマン
「HTMLとCSSは使えるんだけど自信を持って言えるほどでもない、勉強するって言ってもある程度は理解しているわけだし、、、コーディングを上達させるにはどうしたらいいんだろうか、、、」

こんな悩みに答えます。

本記事では、HTMLのコーディングを上達させる方法について解説しています。これからWEB制作でご飯を食べていこうと考えている人は参考にどうぞ。

「コーディング上達はこれしかない」

目次【本記事の内容】

本記事を書いている私は現役のWEBエンジニアです、仕事としてコーディングと向き合った経験をもとに記事を書きましたので、ある程度の質は担保できているかと思います。

それでは見ていきましょう。

HTMLのコーディング上達に必要なのは経験値です

HTMLのコーディング上達に必要なのは経験値です

[HTML/CSS]はブラウザで確認しながら学ぶ事が出来るのでスキルアップしやすいのが特徴です。

ただ、不思議な事にある程度HTML/CSS(以下:コーディング)が出来るようになってくると、ここからどうやってコーディング力を鍛えればいいんだろうと壁にぶち当たります。

それはなぜでしょう。

答えは簡単、経験値が足らないからです。

コーディング上達には経験値を貯めるしかない

コーディングは出来るけど経験が少ない → 経験が少ないとコーディングが不安になる → 勉強する or 勉強方法を探す

これに当てはまる方は考え直した方がいいです、かなり効率が悪いので、、、

結論から言うと、コーディング上達に一番大事なのは経験です。

これは私が大好きなゲームでも同じことが言えます。

  • 1、FPSゲームで強くなりたい → BOTを相手に射撃練習
  • 2、FPSゲームで強くなりたい → 負けてもいいから戦いまくる

成功するのは圧倒的に後者です、ゲームでいう経験とは慣れです、この慣れこそが上達の秘訣です。

コーディングしている人にコツを聞くと「慣れかな」って言われたことがありませんか?、つまりそういうこと。

コーディングの経験値を貯めるには

コーディングの経験値を貯めるには

コーディング上達には経験することが大事、では経験を積むにはどうすればいいか、基本的には2つ、選択肢として考えるなら3つあるかなと。

  • 実務をこなす
  • 自サイトを作る
  • 他サイトの模倣を量産する

下になるほど効率が悪くなります、それぞれ解説します。

その1:実務をこなす【最強】

実務をこなす、つまり、仕事の中でコーディングを行う。

実際のところこれが一番上達します。

WordPressサイトやフルスクラッチのコーポレートサイト、ランディングページ作成など色々なパターンを学ぶことが出来るからです。

更に、他のコーダーに質問したり実際のコードを参考にすることができるので上達スピードは段違い、私も実務で一からコーディングを学んだ口なのでこれは経験に基づく事実です、断言します。

実務経験を積むには?

WEB制作会社に入るのが一番手っ取り早いですね。

次にクラウドソーシングで受注するのもアリ、無料登録なのでリスクゼロです、登録だけしておいて自分にも出来そうな案件があればってところです(簡単なコーディングもあります)

最後に、知り合いや起業した友達から仕事を受注するのも立派な実務です、ようはそこにお金が発生するかどうかですね。

その2:自サイトを作る【注意点あり】

「やっぱり実務かぁ、、、」と頭を抱えた方にはオリジナルサイトを作ってみるのがいいかと。

ただ、何点か注意する必要があります、間違えるとコーディングの上達には繋がりません。

  • 必ず実サーバーにアップすること
  • WordPressを使う場合は配布テーマを使用しない
  • 目的のあるサイトを作成すること

それぞれ簡単に解説しておきます。

必ずサーバーにアップすること

サイトを作ってみたけどローカル環境のまま、これは絶対にダメです。

自分の中だけで完結するサイトの場合必ずどこかで妥協します、「誰かに見られるわけでもないし」こんな感じでやらない理由を自分で作ってしまうので効果なし。

作ったからにはレンタルサーバーを借りるなりして世に公開しましょう。

WordPressを使う場合は配布テーマを使用しない

これはそのままの意味です、WordPressを使う場合は配布テーマの使用は避けましょう。

配布テーマを使うとコーディングもクソもないです、既に完成してます、、、

その3:他サイトの模倣を量産する

他サイトを真似て量産することで純粋にコーディング時間を稼げます。

真似ていくうちに色々なコーディングパターンを習得できるので効果はあります、問題があるとすれば続かないことですかね。

やらない理由を探しては妥協してしまいがち、別に仕事でもないので責任感もありません、いつの間にか無かったことになってるのがほとんどです。

まとめ:コーディング上達のコツは責任感

まとめ:コーディング上達のコツは責任感

結局のところコーディング上達の鍵は責任感を持ってやることではないかと思います。

仕事としてやるコーディングはお金が絡みます、お金をもらう以上妥協は許されません、やらなければいけないという環境が上達させてくれます。

コーディング上達には経験することが大事、覚えておきましょう。