macoblog

「ゲーム × プログラミング」で生きていく

「副業でブログ始めたけど時間がない」←この時点でダメな理由を解説

BLOG

副業ブログ挑戦マン副業ブログ挑戦マン

副業ブログで稼いでいる人はそもそも環境に恵まれているからで、自分みたいに仕事が忙しくて残業も多い人にはブログを更新する時間なんてない、時間があれば自分だって記事書きたいよ。

上記はブログ初心者にありがちな悩みで、つまりはこういう事を言いたいのだろう、以下。

副業でブログを始めたけど更新する時間がない、更新ペースが遅いから稼げない、稼げている人はブログに触れる自由な時間があるからだ、そもそも環境が違うんだ、成功者は恵まれている人達だ。

ふむふむ。

ナンセンスだ。

「自分には時間がない、あなたには時間がある、だから稼げる」という意見はズレているし勘違いだし全く的を射ていない、その思考が既に失敗者のレールの上だという事に何故気付かないのか、今回は副業ブログで成功する人と失敗者の違いについて話したいと思う。

副業でブログを始めたけど「時間がない」と感じるのは気のせいだ

副業でブログを始めたけど「時間がない」と感じるのは気のせいだ

「副業でブログを始めてみたけど正直言って時間がないです」という声はあるがこれは気のせいだと断言する、これを口にする人の背景には仕事で残業が多いだとか子供の世話がだとか色々聞きますが、根本の問題はそこではなく意識的な部分でこの手の話にはこう返したい。

本当に時間がない?

家でゴロゴロ、仕事から帰ればゲームや趣味、友達と遊んだり同僚と飲みに行ったりしてない?、、、「いやいやそれは」という人は残念、副業ブログに取り組む者として欠けているものがあります。時間がないと言いながらも娯楽や休息を優先し時間を捻出しない姿勢は頂けない。

Twitterを覗いていると同じことを思っている人がいたので共有しておきます、以下。

ツイート主であるマクリン氏は副業ブロガーの大成功者の一人でして、副業として取り組む以上本業があるわけで、本業をこなしつつ副業も頑張るとなれば時間がないのは普通の事で、その中で何とかしなければいけないのが副業です、最初から時間に余裕がある人なんてほとんどいません。

つまり、マクリン氏が言うように時間がないなら作るしかないし、嘆いている人はそもそもブログの優先順位が低すぎて何かを辞められないだけ、我慢できないだけなんです、好きなことを優先して稼げるほどブログは甘くはありません。

つまりこういうこと・・・

つまり、副業でブログを始めたけど「時間がない」と感じるのは気のせいで、何かを我慢すれば時間は作れるはず、時間がないってのは甘え以外の何ものでもないし、それはつまり「自分は無能です」と言っているようなものなのだ。
 
成功者のほとんどはやりたい事を我慢して時間を作っているか、本業を効率よくこなして時間を捻出しているかのいずれかで、最初から時間に余裕がある人なんていないのだ。

ブログを更新する時間がないなら作るしかない【時間の作り方を伝授】

ブログを更新する時間がないなら作ればいい、どうやって時間を作るかで悩む人は多いですが、これはブログの優先度を上げれば解決する話で、「飲み会 < ブログ」「ゲーム < ブログ」って感じでブログの優先順位を高くすれば時間は簡単に作れます。

無駄な時間は削ぎ落とす

何かを我慢する程度なら簡単です、上級者になると通勤時間という無駄を減らす為に会社の近くに引っ越したり、ご飯は全てコンビニ弁当で済ませてご飯を作る時間を削減、定時で帰られる会社に転職し自由に使える時間を増やす猛者もいたりします。

私だって、休みの日はブログ更新を第一優先として、友人から誘いがあっても断り朝からせっせと記事を書いている、断りすぎて最近は声すらかけてもらえなくなりましたが、ブログの為ならという思いでやっています。

大事なことなのでもう一度、ブログの優先度を上げれば誰でもブログに使える時間を作る事ができます。それが幸せかどうかは別として考える、ブログでアクセスを稼いでお金を稼ぐというなら尚更、これはビジネスだ、そう考えればやりようはいくらでもある。

おまけ:ブログに使える時間がないから会社でも書く【私の場合】

おまけ:ブログに使える時間がないから会社でも書く【私の場合】

私の場合、休みの日にブログを更新するってのは当たり前の話で、何かを成し遂げようとするなら当然でしょって感覚なんですが、我慢して作った時間でも足りないと思う自分がいるわけです。

そこで私は考えました、仕事中にブログを更新すればいいじゃないかと、これがドンピシャにはまった。この記事も仕事中に書いていますし、ブログのカスタマイズに関してはもはや仕事中に行うのがスタンダートになっている。

羨ましがるのではなく行動せよ

今まで投稿した記事は現時点で350を超えますが、その内4割近くは仕事中に書いたものです。この話をすると「そんな環境が羨ましい」と言う人がいますが、これも先ほどの「ブログを書く時間があって羨ましい」と同じことで、環境が良いのではなくそういう環境を作った私の努力です。

最初からそんな環境ならどれだけ楽だったことか、普通なら周りの目が気になってブログを更新する余裕なんてないはず。色々な問題を解決し今の環境を作れたのは間違いなく私の努力です、それはキャラ作りだったり任された仕事の消化具合だったり色々です。

嘆く人は書かない理由を作りすぎ

更に踏み込んで考えてみると、「時間がない」「環境が羨ましい」と嘆く人は心の底に「書きたくない」「やりたい事をしたい」「楽をしたい」と言う気持ちがあるから無意識のうちに記事を書かない理由を作ろうとするわけです。

例えば、仕事中に記事を書くにしても。

  • 職場は常にバタバタしてるから
    →私の職場も常にバタバタしています、納期が迫っている案件は絶え間なく入ってくる、だから常に求人も募集している、それでも上手くやるのが自分の腕の見せ所です。私は自分を無能と思いたくない。
  • 会社のPCじゃ多分無理
    →セキュリティ面で監視されている可能性があるならWord(ワード)を使えばいいじゃないですか、書かない理由を作るのは辞めましょう。
  • office入っていないです
    →いや、WindowsPCなら標準でメモ帳が入ってるでしょ、私も状況によってはメモ帳で下書きする事ありますよ、考えることから逃げないでください。
  • そもそもPCがないです
    →紙に書いたらいいじゃん、PCがないから何も出来ないってワロタ、無能君おつ。
  • 文章考える余裕ないです
    →別に本文を考えなくてもやれる事はある、キーワード選定だったりタイトル決め、記事構成を考えたりね。今記事を完成させなくても家に帰ってからスムーズに記事作成に入れる準備は出来るでしょ😅

書かない理由を作るのは辞めましょう、今の自分が出来ることを真剣に考えてブログに向き合ってみて下さい。

以上。

人気記事「WordPressブログの作り方」←全ての手順を解説+オススメ設定

人気記事アフィリエイトで稼げるおすすめのレンタルサーバーは3つだけ