macoblog

「ゲーム × プログラミング」で生きていく

MMORPGに人生捧げてみ?

未経験だけどWeb制作やってみたい←難しく考えなくても可能です

THOUGHT

WEB制作やってみたいマン

WEB制作やってみたいマン
「未経験だけどWeb制作を仕事にして働いてみたい、このご時世、手に職を付けて働かないとダメでしょ、スキルを身に付ければ辞めた時のリスクヘッジにもなるわけだしね!!、、、ってかWeb制作って未経験でも雇ってもらえるの?」

こんな疑問に答える記事になります。
本記事を読めば「未経験からでもWeb制作で食べていけるのか」というよくありがちな疑問を解消できるかと思います、片手間にさっと読んでいただけるボリュームなので軽く読んじゃってください。

こんな人にオススメの記事

  • Web制作会社に就職したい人
  • 独学でWeb制作を学んだ人
  • 未経験からWeb業界に就職したい人

目次【本記事の内容】

スポンサードサーチ


未経験でもWeb制作を仕事に出来る

未経験でもWeb制作を仕事に出来る

Web制作の経験はないけど求人に応募して雇ってもらえるのかという素朴な疑問、これについては「大丈夫ですよ」と簡単に回答できる。

というのも、Web制作と一口に言っても作業は様々で、『ディレクション』『デザイン』『コーディング』『プログラミング(WordPress含む)』など色々ある。

その中でも『コーディング』という作業は独学で簡単に学べるくらいイージーな作業、ここの人材を求めている求人に応募すれば比較的簡単に採用してもらえるわけだ。

もちろん『コーディング』もやり込めば奥は深いのだが、細かいルールや手法については働いていく中で自然と分かってくるようになるので、ある程度のスキルさえあれば未経験でも割と高い確率で雇用してもらえるのだ。

私が働いている会社も未経験者が多い

私が勤めているWeb制作会社も、バリバリな人がほとんどだが、入社してくる前はコンビニでバイトしていた人、専業主婦の方など元は未経験の方ばかり、スキル面は独学で学んできた人が多い。

WEBトマト

WEBトマト
「Web制作はプログラミングより細かい制限がないので、作業も単純で覚えやすく馴染みやすい。極端に言うと、覚えれば誰でも出来る作業なので求人でも受かりやすい、デメリットはお給料が割としょぼいことくらいだろう。」

最低限のスキルさえあればOK

最低限のスキルさえあればOK

先ほどWeb制作にはある程度のスキルがあればいいと言いました、これについて具体的にどれくらいのスキルがあればいいのか解説しておきます。

Web制作に必要な『ある程度』のスキル

  • コーディングスキル【必須】
  • デザインスキル
  • プログラミングスキル(WordPress含む)

それぞれ簡単に解説します。

①:コーディングスキル【必須】

未経験のうちは求められるスキルの大半というか9割はコーディングスキルと考えていい、これがないとおそらく雇ってもらえません、ドライバーの仕事をしようと考えているのに運転免許証が無いようなもの。

コーディングスキルについては『再現力』があればOK、こういう感じの静的ページを作って欲しいと言われたら9割近い完成度で提出出来るくらいがベスト、ただ単にHTML/CSSを使える程度じゃダメ。

コーディングにおける『再現力』を高めるには『他サイトを真似て作ってみる』、『自分のサイトを作ってみる』などが効果的、参考書やネットでの勉強から一歩踏み込んだ取り組みが必要です。

②:デザインスキル

ここからは『あれば尚良い』程度のスキルと考えてもらえればいい、Web制作には必ずWebデザイナーが必要で、バナーを制作したり、サイトのデザインカンプ(静的なデザイン設計図)を作ったり画像に関する様々な作業をします。

と言っても未経験の方はそこまで大きく踏み込む必要はなく、『フォトショップの基本操作が分かる』程度でOKです。

というのもフォトショップはコーディング作業をする側も軽く触れる機会はあるので、「フォトショップって何だろう?」では困るからです、画像の書き出し程度は覚えておくといいと思います。

もちろんデザイナー希望の方は書き出しが出来るだけじゃダメですよ。笑、、、その場合はコーディングからデザインにずらしつつ目的を達成するのが現実的かと思います。

③:プログラミングスキル(WordPress含む)

プログラミングスキルがあると割と良い待遇を受けることができます、これも高いスキルは必要ありません、プログラミングの基礎を押さえておくだけでOKかと思います。

ただ、プログラミング言語は『javascript』『PHP』のどちらか、もしくは両方に絞りましょう、この2言語はWeb制作でかなり役に立つので使えるだけで重宝されます。

プログラミングスキルはマジで重宝される

雇う側もコーディング作業員という名目でプログラミングの知識がある人を低単価で雇えるメリットがあるのでプログラミングスキルがあると雇ってもらいやすいです。

※WordPressのカスタマイズが出来る人も重宝されます、これもプログラミングが若干噛んでいるので、学習コストがかかる分使えるだけで評価されるわけです。
WEBトマト

WEBトマト
「プログラマー(フロントエンジニア)を雇うとアホほどお金がかかりますが、コーダーとして雇えば時給1000円程度で済みますから。面接で落とされるって方はプログラミングを軽くかじった上でアピールしてみてはいかが?」

スポンサードサーチ


こんなWeb制作会社は気を付けろ

こんなWeb制作会社は気を付けろ

本記事の内容を簡単にまとめました。

  • 未経験でもWeb制作で働けます
  • コーディングスキルは必須
  • あると良いスキルは『フォトショップの基礎』『プログラミングスキル』

Web制作を仕事にしてみたいという方は、コーディングの勉強をした上で、フォトショップを軽く触っておき、プログラミングをかじっておけばかなりの確率で雇ってもらえますよ!

求人を探す時の注意点

求人を探す時は、求人詳細を見て「これは受かりそう!」と思える求人は割と避けた方がいいです、未経験の場合ついつい甘い求人を選びがちですが、面接でもホイホイと話が進むのは危険。

とりあえず働かないと『未経験』の呪縛から解放されないでしょ!って気持ちはすごい分かりますが、それは最終手段にしておいて、まずは『ここで働きたい』と思える求人にアタックするのがベスト。

WEBトマト

WEBトマト
「トントン拍子に雇用の話が進むWeb求人ってロクなものがない、知人の話を聞いていると余計にそう思うんですよ、最終的には妥協も必要ですが『とりあえず』ってのは最初のうちは持たない方がいいかと思います。」

人気記事無料体験が受けられるプログラミングスクール7社。現役エンジニアが厳選

人気記事「WEB制作会社って何するの?」←仕事内容を分かりやすく解説