macoblog

「ゲーム × プログラミング」で生きていく

アプリ検索ツール(β版)を公開

未経験プログラマーが不安がる必要はないという話【転職者向け】

THOUGHT

未経験プログラマーで大丈夫?

未経験プログラマーで大丈夫?「将来のことを考えてプログラマーに転職を考えているんだけど、独学で勉強しただけで経験はないわけで、そんな未経験者が本当にプログラマーとしてやっていけるか不安なんだが、、、」

こんな悩みに答える記事になります。
本記事を書いている私自身、異職から未経験プログラマーとして転職した口なので「未経験でもプログラマーとしてやっていけるのか」という不安はすごい分かります。
そんな私の経験を参考に解説し、読者の持っている不安を解消できたらなと思います。

不安がる必要なし、安心してください

目次【本記事の内容】

未経験でプログラマーって務まるの?

未経験でプログラマーって務まるの?

未経験でプログラマー(PG)になれた(転職できた)として、実際の現場で役に立てるのだろうか、やっていけるのだろうかという不安は私にもありました。

結論としては、問題ないです。

私自身の職歴を追ってみると、「飲食 → 派遣(フリーター)→ 未経験プログラマー」という感じです、専門校を出たわけでも大学で専攻したわけでもないただの高卒です、それが今ではPGとして食べていけているので未経験とか関係ないですね。

未経験PGとしてデビューした時はかなり不安でしたが、働いてみてわかったことは「心配する必要は一切なかった」ということです、これについて少し掘り下げてみます。

高度なことをするわけではないから大丈夫

プログラマーというと何かコードを書いてプログラムを作る作業をイメージするものですが、最初から(未経験)コードを書くことなんて少ないというのが現実です。

プログラマー = プログラミング

これは半分正解で半分間違いですね、プログラミングだけが仕事ではありません、他にもいっぱい地味な作業がたくさんありまして、最初のうちは特に難しくない作業をタスクとして割り当てられるので普通に仕事として成り立つわけです。

もちろんこれは現場にもよるので全てに当てはまるわけではありませんが、未経験OKの求人はだいたいが当てはまると思います。

内定もらえる=務まる

ズバリ言うと内定がもらえる時点で未経験プログラマーとして務まる業務が割り振られます。

これは営業担当者の気持ちになってみればわかることです。

・なぜ営業担当者の話が出てくるのか?【補足】
プログラマーの業務形態は客先常駐が基本、客先で働く以上クライアント・担当リーダーとの顔合わせがあります、その間に必ず担当営業者が入るのでプログラマーにとって担当営業者は切っても切れない関係(プログラマー1に対して担当営業1のセットが基本)

営業担当者の心理

  • プログラマーの人材は限られているから辞められると困る
  • 最終的に単価の高いポジションで働けるよう育てたい
  • 現場でミスをしてクライアントとの関係を悪くしたくない

これは営業統括と直接話をして分かったことなので事実です、つまり未経験プログラマーが出向する現場は下記のようなところです。

プログラマーを育成枠として受け入れてくれる、振られるタスクは最低限こなせるレベルでそこまで高度なことをしない現場

最初のうちから高度なことを求めないし育てる前提の現場がほとんどなので、普通にやっていけるわけです。

これは経験に基づく事実です、不安になる必要は一切ないということが分かります。

現場で活きるスキルについて

現場で活きるスキルについて

未経験でも現場でやっていける理由を解説したわけですが、実際に働くことを考えると余裕を持って働きたいと思うのが普通です。

ということで、実際に私が初めての現場で重要だと思ったことを3つほど挙げておきます、独学や勉強に役立てて下さい、使わない知識を頭に入れても時間の無駄なので、、、

学ぶべきプログラミング言語【まとめ表も公開】

どのプログラミング言語を学べばいい?という話はよく出てくるのですが、結論としては「全て学ぶ」か「現場で使う言語のみ」か「食いっぱぐれがない言語」の三択になります、それぞれ簡単に解説しておきます。

全ての言語を学ぶ

プログラミング言語を全て学べば解決です、確かにそうですが無茶な話ですよね。

現場で求められるのは器用貧乏よりプロフェッショナルなのでこの選択肢はないですね。

現場で使う言語のみ

実際の現場で使う言語を学べばいい、これが一番効果的ですね。

WEB系であれば【HTML・CSS・JS・PHP】は必須、システム開発であれば【C#・Java】がメジャーです、問題は現場で使う言語を事前に把握しにくいという点です。

既に内定をもらっていて現場待機中や研修中の方は営業と常に情報交換することをオススメします、要望を伝えておくことでそれに合った現場を探してもらいやすくなります(例:Javaが得意で家でも結構勉強したりしてるんですよね)

内定をもらっていない方や現在独学中という方は次がベストかと。

食いっぱぐれがない言語

食いっぱぐれがない言語とは、長期的に需要が高い言語です。

長期的に需要が高い言語とは、常にある一定以上の需要がある言語です、これを学んでおけばとりあえずプログラマーとして一生やっていけるものになります。

私が以前勤めていた会社の担当営業との会話を参考にすると、JavaかC#の二択です、どちらかといえばC#の方が人気かなというところ。

C#はあまり馴染みのない言語かもしれませんがITの分野で言えばその需要は絶大です、私の初現場もC#でしたね(C#の開発環境である「Visual Studio.Net」が優秀すぎるという背景もある)

結局どの言語学べばいいんだよ!怒

結局どの言語を学べばいいかわからないって方のためにまとめ表を作ってみました。

※未経験プログラマーとして働く場合を考慮

  • HTML/CSS:WEB系の会社では必須、使い機会は少なめ
  • javascript:WEB系の会社では必須、使い機会は少なめ
  • PHP:WEB系の会社では必須、需要はあるけど使う機会は少なめ
  • Java:需要が鬼高い、勉強しておけば無難、他言語の理解も早くなる
  • C#:需要が鬼高い、VBにも応用できるのでオススメ、他言語の理解も早くなる

PHPはよくオススメされるので私も勉強しましたが正直それを役立てる現場は少なめ、あったとしてもそこに自分がいけるかどうかは別の話、JavaかC#に特化して学んでいればどの現場でも有利に立ち回れると思います。

WEB系言語を役立てたいということであれば、C#かJavaを勉強し未経験プログラマーとしてデビューしキャリアを積む、キャリアを活かしてWEB系の会社に転職するのがオススメ(私はこれですね)

ITリテラシーは必須【資格は必要?】

「プログラマー = プログラミング」と考えている人にありがちなんですが(当時の自分がそう)、ITリテラシーが低いと現場に出た時が大変です、以下例。

  • ITリテラシーが高い
    →振られたタスクをそのまま実行するだけ【早い】
  • ITリテラシーが低い
    →振られたタスクの意味を理解をしてから実行する【遅い】

思っている以上に専門用語が飛び交うのである程度の知識は必要、「こんなことも知らないの」なんて顔をされるのは辛かった、、、

そうを考えると資格はプログラマーにとって必要はないが、あって損するものではないと言えます(ある程度のITリテラシーを担保できるので)

コミュ力【一番大事】

どの仕事でも言えることですがコミュ力は超大事です。

プログラマーはコード以上に人と向き合う事が多い職でもあったりするので、思った事が言えなかったり人間関係を築くのが下手だと躓きやすいです。

逆に言えば、コミュ力が高い人はプログラマーに向いていると言えます。

求人選びを間違えると大体失敗する

求人選びを間違えると大体失敗する

まだ内定をもらっていない転職希望者向けの内容となります、未経験プログラマーとして良いスタートを切るなら求人選びはしっかりしておきましょう。

ここを間違えるとプログラマーとして失敗しやすいです。

求人は毎日目を通すこと

未経験というハンデがある以上、求人を選り好みするわけにはいきませんが、妥協のしすぎもダメです。

求人は毎日目を通しておきましょう、可能であれば全ての求人を網羅しておくべき、プログラマーとしてステップアップしやすい求人は必ず出てきます。

私の派遣時代では、出勤前・休憩時間・仕事終わり・寝る前に必ず求人を見ていましたね、求人を見る時のポイントについても触れておきます。

研修期間が長い求人を選ぶ

求人を見る時のポイントは「研修」の部分です。

研修が設けられていて、研修期間が長い求人を選んでください。

研修中に学べることは結構為になるものばかりで、現場で活躍している人に教えてもらえるのである意味「給料をもらいながらプログラミングスクールに通っているようなもの」なんですよね。

更に研修に力を入れている企業だと、現場に出てからのサポートも手厚いので安心です(育てる事に重きを置いているので)、逆に研修がない企業の場合ですと使い捨てプログラマーとして雇用される可能性があるので注意。

非公開求人をチェック

自分の持っているスキルを活かせて希望の勤務地であり、研修が設けられている求人となると数は限られてきます。

一般的な求人広告だけを頼りに探していると時間もかかってしまうので、非公開求人もチェックしておきましょう。

下記のアプリを使えば非公開求人を探すことが可能です、チャット形式で自分に合った求人を提案してくれるので時短になります。

ピコジョブ

ピコジョブ

開発元:WORKPORT無料
★★★★☆ 3.4

ピコジョブのポイント

チャット形式で本物のコンシェルジュ(BOTではなく人間です)を介して求人を探すことが可能です、使い方のコツは思ったことをそのままチャットで伝えること、思いついたら呟くイメージです(遠慮なしに呟いてください)

疑問や不安をピコジョブで相談しつつ、求人広告で探すというスタンスでいけば良求人は見つかりやすいと思います、是非お試しあれ。

まとめ:不安でも行動しなきゃ始まらない

まとめ:不安でも行動しなきゃ始まらない

いかがでしたでしょうか。

内定はもらったけどまだ現場に出ていないという方は、不安を感じる必要はありません、消化出来るタスクが振られますのでご安心ください。

転職の一歩を踏み出す勇気がない方はしっかり求人を探しましょう、必ずあなたに合う求人が見つかります、動かなきゃそこで止まったままです。

派遣フリーターからプログラマーになった人(私)もいるんです、自分で言うのもなんですが、本記事にたどり着いている時点であなたにも出来るはずです。

プログラマーの必須スキル「ググる力」があるわけですから、、、これについては別記事で解説します。

プログラマーについてもっと知りたいという方は他記事も参考にしてください。

以上になります。

人気記事無料体験が受けられるプログラミングスクール7社。現役エンジニアが厳選

関連記事「未経験からプログラマーへ」←面接官に伝えるポイントは1つだけ

関連記事「未経験からプログラマーになるには?」←大事なこと全て教えます【成功談】