macoblog

「ゲーム × プログラミング」で生きていく

【PUBGモバイル】雑魚必読!上達しない人の特徴5つ/上手くならない理由

PUBGモバイル

WEBトマトWEBトマト

どうも、とまとです。PUBGモバイルを遊んでいると「上手くなりたいと思いつつも上達しない」という人によく会います、相談を受けているうちに共通点を見つけたので共有しておきます。

この記事では、PUBGモバイルで上達しない人の特徴について解説しています。強くなりたい気持ちはあるけど思う様に上手くならないといった方は必読です、ダメなところを知れば後は改善するだけで強くなれます。

己を知ろう。

まずはそこから、強者への第一歩は自分の弱点を知る事から始まる。

目次【本記事の内容】 [ click ]

PUBGモバイルで上達しない人の特徴5つ/上手くならない理由

①:他人のプレイを考察しない

PUBGモバイルに限らずゲームの上達が遅い人ほど人のプレイを考察しない傾向にあります。例えば、敵にやられた時に「くっそー」だったり「勝ったと思ったのに」とその時の気持ちを吐き出すだけで終わったりしてませんか?そういう人は成長しません。

上にあるようにガチ勢の方も同じことを言っています、「自分の方が先に撃ったのにくそー」で終わるのではなく「先に撃ったのになぜ負けたんだろう?」と分析して負けた理由を明確にし自分の中で昇華させる、上手い人ほどこの思考が強いです。

ここがポイント

負けて悔しいと思う気持ちは大事ですが、その時点で「なぜ負けたのか?」を客観的に分析できないと強くなれない。他にも「そんなところにいたのか!この芋野郎」ではなく、なぜ索敵できなかったかを考えることが肝要。

②:小手先のテク取り入れがち

上達しない人は基本的な動きが練られていない事がほとんど、小手先のテクや知識に踊らされている人はどこかしらで壁にぶつかります。

基本的な動きが練られていない

索敵やクリアリング、撃ち合い(エイムを合わせる→射撃する)の質を高めないと上手くなりません。聞きかじった知識を広げてばかりいてはダメ、小ネタや小手先のテクニックは強者には一切通用しない、当たり前のことを当たり前に実践できる人が上手くなるし実際に強い。

何事も基本が大事、これはPUBGも例外じゃない。撃ち合いに強くなるためにレレレ撃ちやしゃがみリーン撃ちを練習したとて、「クロスヘアを敵に合わせて射撃(少ない弾数で倒す)」という一番使う当たり前の動きが練られていない、精度が高くないと色々なシーンで対応できない。

WEBトマトWEBトマト

グリッチを利用した立ち回りでドヤっている人をたまに見かけるけど、強い人は対処法が分かってるから通用しないし、そこに頼っていては先がない。他にも、変わった撃ち方で相手を翻弄するより「エイムを合わせる→そのまま立ち射撃」の精度を高めたほうが最終的に強い。

③:味方との連携が下手くそ

上達しない人は自分ありきの立ち回りが多すぎる印象、ソロを除けばデュオ・スクワッドは仲間との連携がかなり大事、人の動きと自分のスキルアップって関係性ある?と思う方もいるかもしれませんが実はクッソ重要なんです。

味方の動きが分かると

仲間がどうやって動きたいか、どう動こうとしているか連携が取れるようになると、自分がどう動くべきかが分かるようになる。すると、一番強いポジションを取れたり、負けにくい立ち回りができるようになり結果的に自分の為になる。

味方の動きが分かるようになると敵の動き方も分かるようになる、「こういう時は自分ならこうする」と客観的に分析できるようになり立ち回りに活きてくる、特に複数の敵を相手する時に役立つ、自分のことしか考えない人は強者にはなれない。

④:情報共有ができていない

これも先ほどの「味方との連携が下手くそ」と似たようなところで、仲間と情報共有が出来ない人は上達が遅い傾向にあります。理由はシンプルに状況を整理する力がないから、もしくは整理する力を磨こうとしていないから。

状況を整理する力がない

敵の位置や数、キルログ管理から射線が切れる位置、戦場では様々な情報を整理しムーブを組み立てる必要があります。ここらへんの力は仲間と情報共有しているうちに身に付くので、独りよがりで完結する人は正直言って伸びしろないんですね。

⑤:圧倒的に練習不足

上達しない人はシンプルに練習不足かも、言い換えると努力不足。強くなりたいのは皆同じ、では強くなる為にはどうしたらいいか、その上でどう行動すればいいかを考える必要がある。

言う事だけ立派な人が目立ちます、強くなりたいなら行動に移さないと!練習量が足りないと思うなら練習時間を増やさないと!操作しにくいと感じたなら環境を変えないと!、、、思ったらすぐ行動、あとはひたすら繰り返すだけ。

練習方法が分からないならググって調べましょう、実際の動きを知りたいなら動画を探しましょう、スマホが苦手と嘆くならタブレットに買い替えましょう、強くなりたいなら相応の努力と行動をお願いしますという話ですね(/・ω・)/

まとめ:強くなるためにすべきこと5つ

上達しない理由が分かったのなら、後はそこを修正していくだけの作業です、それだけであなたは強くなる。具体的には下記の通りで、これまでに挙げたことの逆をいくだけですね。

強くなるためにすべきこと

  • ①:人の動きを参考にする
    敵にやられた時はデスカメラを使って相手の動きや位置を確認し、なぜ負けたか分析するようにする。自分がミスしなのなら次また同じミスをしないための防止策を考えるクセを付けましょう
  • ②:基本的なムーブの精度を高める
    →立ち回りに関しては、まずは索敵とクリアリングの精度を高めるようにする。撃ち合いに関しては、変則撃ちより敵にエイムを合わせる速度と精度を徹底して練習するようにする、少ない弾数で敵を倒せるようになろう。
  • ③:立ち回りは「仲間+自分」を意識
    →仲間が自分に合わせるのではなく、自分が仲間に合わせる立ち回りを意識して取り組んでみよう。仲間の動きを感じ取って動けるようになると必然的に敵の動き方も読めるようになる。
  • ④:積極的に情報を共有する
    →情報は積極的に仲間と共有しそれを整理し自分で考える力を身に付けよう。例えば、敵がいたらマークして位置はマップにピンを立てて「黄ピンに2人確認」と仲間に伝えてあげるといい、それが自分の立ち回りに活きてくる(やれば分かる)
  • ⑤:ひたすら練習しよう
    →強くなりたいなら誰よりも練習する事、努力した時間だけは誰にも負けない自信があると言えるようにしよう。強くなる為なら何でもする、それくらいの意気込みが必要、これはマジでそう思う。

といったような感じで、まずは自分の弱点を知ること、そしてそれを改善していきましょう。自分は征服者になりフレンドにも「強い」と言ってもらえるようになりましたが、その為に何をしたかというと上記5つを徹底しただけですね。

そこもクリアしたら、後は細かいテクや変則撃ちを練習してスキルの上積みを図るだけですね、撃ち方のテクニックについては下記記事で紹介しているもの全てマスターすればほぼ完璧です。

時間がある方は「上手い人の特徴」も知っておくと効率よく強くなれるかも、なるべく最短で上手くなりたいなら読んで損はないかなと思います。