macoblog

「ゲーム × プログラミング」で生きていく

【PUBGモバイル】パルクールとジャンプを分ける理由【ジャンプ撃ちのススメ】

PUBGモバイル

WEBトマトWEBトマト

PUBGモバイルにはジャンプボタンとは別にパルクールボタンがあるけど、これって分けて使う必要あるの。今回はそんな疑問にお答えしたいと思います。

この記事では、PUBGモバイルでジャンプとパルクールを分けて使うメリットについて解説しています。ボタンを分ける理由が知りたい方や、もっと上手くなりたい中級者の方に向けて書きました。

目次【本記事の内容】 [ click ]

パルクールとジャンプの違い

初心者の方のために、パルクールとジャンプの違いについておさらいしておきます。ジャンプはその名の通りジャンプする際に使用します、パルクールは障害物を乗り越える際に使用します。デフォルトではジャンプとパルクールは兼用でボタンは一つに統一されています。

①:パルクール

PUBGモバイルのパルクール動作モーション

②:ジャンプ

PUBGモバイルのジャンプ動作モーション

パルクールとジャンプを分ける理由

PUBGモバイルでパルクールボタンを使うには(設定方法)

デフォルトだとパルクール機能は「無効」でジャンプボタンと兼用になっています、この場合は障害物の近くだとパルクールになり、離れているとジャンプの動作になります。設定からパルクールを有効にするとパルクール専用ボタンが使えるようになります。

パルクールは無効にしてジャンプボタンと兼用にした方が、ボタン配置的にも一つで済むので楽だと思いますが、猛者と呼ばれるガチ勢達は「有効」にしてパルクールとジャンプのボタンを別々で操作しています、これはなぜか?

答え:ジャンプ撃ちしやすいから

PUBGモバイルでパルクールとジャンプを分けるメリット「ジャンプ撃ちしやすい」

プロ選手や猛者がパルクールとジャンプを分ける理由はジャンプ撃ちしやすいからです、上記のようにジャンプ撃ちしようとした際に、パルクールとジャンプを分けておけば誤動作(壁を乗り越える動作)を未然に防ぐ事ができる。

他にも、アリーナ(TDM)で壁待ちしていて、敵が近づいて来たところをジャンプ撃ちで意表を突こうとしたら、間違ってパルクールしてしまって敵にやられる、あるあるです。
WEBトマトWEBトマト

とにかく、パルクールとジャンプの動作はボタンを別にして明確に分けておいた方が、誤動作やミスを減らすことが出来るので便利だよねという話です。逆に言えば、ジャンプ撃ちしないなら分けなくていい。

まとめ

PUBGモバイルでパルクールとジャンプは分けるべきか

これまでの内容を踏まえて、パルクールとジャンプは分けるべきか。結論としては、使いやすい方を選べばいいと思います。

壁際などでジャンプ撃ちする際にパルクールの誤動作で撃ち負ける事があるなら分けた方がいい(有効)と思います、あとキャラコンに自信がある方は分けて操作した方が更に上達するかと思います。

逆に、パルクールとジャンプを分けることでボタン配置が厳しくなったり、キャラコンに自信がない方は分けない方がいい(無効)と思います、スマホだと画面が小さいので指が忙しくなる可能性が高い(プロ選手はそれでも分けてるけど)

筆者は分けて使ってます

自分はというと、最初は無効にしてパルクールとジャンプ兼用でやっていましたが、TDMなど壁際の撃ち合いで間違ってパルクールが出る事が多々あったので、途中から有効にして分けて操作するようにしました。

最初は正直言って慣れなかったです、ジャンプして飛び移る時はその後にパルクールを押さないとダメですし。でも操作しているうちに慣れてきて、今では分けて操作しても違和感はありません。

WEBトマトWEBトマト

あと、ゲームが上手くなるには上手い人の動きを真似るのが最効率という事を考えると、猛者を真似るようにパルクールは分けて操作するのがベストという考え方もできますね。

他の人が読んでいる記事