macoblog

「ゲーム × プログラミング」で生きていく

【PUBGモバイル】スクリムのNG行動10選!初心者は必読です

PUBGモバイル

WEBトマトWEBトマト

PUBGモバイルの国内大会が盛り上がりを見せている中で競技シーンをより理解してもらうべく、スクリム初心者向けにスクリムの基礎を解説していきたいと思います。やってはいけない事を先に学んで実践に活かしましょう。

この記事では、PUBGモバイルのスクリムの基礎について解説しています。これからスクリムに挑戦しようと思っている方は参考にしてください、何も知らずにスクリムに参加すると怒られる可能性が高いから気を付けてね。

目次【本記事の内容】 [ click ]

PUBGモバイル/スクリムとは

スクリムとは、主にゲーム内での練習試合などを意味します、個人や異なるチームで対戦してマッチングし、主に連携の取り方や戦術を研究したりお互いの技術向上を図るのが目的です。PUBGモバイルでは16チーム64名でマッチングするのが定番です。

スクリムにも色々種類があって、国別で行われる日韓スクリム(日本vs韓国)、企業間で行われる企業スクリム、PUBGモバイルの公式が支援しているスクリムもあったりと、スクリムによってプレイヤーのレベル感も異なります。

WEBトマトWEBトマト

PUBGモバイルのスクリムでは、1キル1ポイント、順位に応じてポイントを得る事ができて、より多くのポイントを集めたチームが勝利となります。つまり、生存ムーブだけでは順位に期待できない、キルもまた然りそこが醍醐味でもある。

スクリム初心者に教えたいNG行動11選

①:降下地点を被せる

敵の降下地点に被せてキルポイントを狙う動きはやめておきましょう、初動の武器ガチャからキルを狙う動きは盛り上がるこそすれ結果はついてきません。意図的に被せる戦術は稀にあるものの、基本的に降下地点は被せないのが最善の動きです。

初動で人数が欠けてしまう人数不利の展開はドン勝が遠くなります、つまり生存順位を上げるのがより難しくなってしまうので、別チームの降下地点やランドマークに被せるのは良くないという事ですね。

②:パラシュートのフォロー

降下時に味方のパラシュートをフォローするのはやめましょう、フォローする事で行動を供にしてしまうと車両の確保やファーミングの効率がグッと下がってしまうので、味方と同じ地点に着地するのは理由がない限りは極力避けるべき。

③:車両の相乗り

一つの車両に仲間と一緒に乗るのはやめましょう、車両はマトになりやすく爆破されると全滅あるいは一気に人数が欠損します、車両は一人一台とするのが定石でその方が索敵効率も上がりますし、車両を壊されてもリカバリーが効きます。

車両が少ない場合は徒歩よりかは相乗りした方がマシですが、中盤までの局面でそういった動きになる場合は初動からの動きに問題あり、この点も含めて初動で味方と同じ地点のファーミングは総じて効率が悪い。

④:バギーに二人乗り

バギーの後部座席に乗るのはやめましょう、バギーに二人乗りするシュチュエーションを想定した時に後部座席は被弾率が高いので危険です。スクリムに参加する人は一定上のエイム力がある事が大半なので油断するとすぐ抜かれます。

バギーは一人で乗る分には強い車両です、燃費も良く運転席への被弾も小さく、いざという時はタイヤの間に匍匐してハイド(隠密)する事もできるのでバギーは積極的に乗るべし。

⑤:安置端ムーブ

安置から離れた地点をキープするムーブはやめましょう、安全地帯から遠い位置を取り続けるムーブは接敵しにくく生存しやすいように見えますが、ポジション取りが後手に回るので待ち伏せされやすく重要な局面で不利になります。

スクリムはクラシックと違って敵の減りが遅く、思っている以上に安置内で取れるポジションは多くありません。家屋や稜線など強ポジは先に安置に入ったチームが取っており、安置端のチームは次フェーズで安置が外れて弱ポジしかなくなります、安置端ムーブは安置げーになりやすい。

⑥:とりあえず突貫する

ポジションを取るためにとりあえず突貫するのはやめましょう、理由はシンプルに不利だからです。突貫は待っている敵に突っ込んでいく事になるので打ち勝つのは難しく、仮に勝ったとしても犠牲は大きいので突貫は熟練プレイヤーでないと成立しません。

特にスクリムは情報戦、突貫して決着が着けば疲弊した隙をついて別チームが突貫してくる事も少なくない、突貫は諸刃の剣であり別チームにチャンスを与えかねないので安易にやるものではない。

⑦:大きな街でポジション取り

大きな街(ポチンキなど)でポジションを取るのはやめましょう、大きなエリアは物資も多く家屋が多いので一見すると安全そうに見えますが、安置が外れると街から出るのが難しくなるので危険です。

例えば、エランゲルのポチンキなど家屋が並ぶ大きなエリアは別チームと隣接しやすく、家屋から出ようと思っても車線が怖くて出られなくなってしまうので逆に危険、ポジションは山や稜線、一軒家を確保するのがベター。

⑧:無意味なスモーク

無意味にスモークを使用するのはやめましょう、味方を蘇生する為にスモークを使って射線を切るのは非常に有効ですが、不安から使用する無意味なスモークは逆に位置バレを招いてしまうので危険です。

⑨:キルが取れなくて焦る

キルが取れなくて焦ったり落ち込んだりするのはやめましょう、スクリムはチーム一丸となって戦わないと勝てません。キルが取れない事に落ち込む必要はありませんし、たくさんキルしたから偉いという訳でもありません。

プロの競技シーンで活躍する選手達もキルを取ったからと言っているドヤっている人はいません、キルは過程であり目的ではありません、仲間が敵を倒せる状況を作り出すことが一番難しかったりするものです。

⑩:コミュニケーション不足

声出しに消極的になるのはやめましょう、最初のうちは遠慮してコミュニケーションが取りにくい気持ちは分かりますが、自分の状況を仲間に伝えることはスクリムにおいて何よりも大事、スクリムで結果を出すチームほどメンバーと意思疎通が出来ているものです。

アイテムが余っていたり、欲しい武器があったり、敵がいたり、移動先を伝えたり、思っていることや情報は声を出して味方に伝えましょう。まずはここから、慣れてくるとコミュニケーションエラーの課題も出てきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。他にも細かい部分はあると思いますが、スクリム初心者の方でも今回紹介した内容を頭に入れてとりあえず声だけ出しておけば何とかなるものです、結局のところコミュニケーションが一番大事。

心配な方は初心者向けのスクリムだったり、雰囲気の良いクランに加入してクランメンバーやフレンドと一緒に参加することをオススメします。自分のフレンドにもスクリムに参加する仲間がガチすぎて病んでる子も実際にいますからね😅

とはいえ不安がる必要はありません、PUBGモバイルはPMJLをはじめ国内大会が盛り上がってきているので、このタイミングでスクリムに参加して競技シーンの理解を深めることでプロ選手の凄さがよく分かると思います。

WEBトマトWEBトマト

PUBGモバイルをやり込んで征服者も取ってやることがない境地に達した方は是非スクリムに参加してみてください、きっと面白いと思います。ちなみにFPPスクリムは人がいなくて無くなりました、残念。

ゲーミングスマホもオススメ

スマホゲームを快適にプレイするならゲーミングスマホがおすすめです、ゲーミングスマホはタッチ感度と描画処理性能が恐ろしく高く、どんなゲームでも快適に遊べるようになります。使うだけでゲームが上達する最強のスマホはいかがでしょうか?